「不登校」の意外で重大な原因を知りたい親が読む記事

7月 23, 2019

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校についての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は、「不登校の重大で意外な原因を知りたい親が読む記事」です。

こういうことを言ってはなんですが、不登校になるまでは、息子は本当に良いこどもで、なんでも話してくれて、自慢の息子でした。それがどうしてこうなってしまったのか、本当に戸惑っています。いい子だった分、ものすごくダメージを受けてしまいます。

たぶん息子さんの場合は、「不登校になるしかなかった」のではないでしょうか。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

このサイトに初めて来られた方は、こちらをご覧ください。このサイトで何を伝えたいか要約してあります。

ブログ村から来られた方々へ。下書き段階の未完成記事がPIN送信されている場合がありますのでお気を付けくださいませ。

こちらの記事は直近七日間のアクセスランキング一位の人気記事です。

母親に権力と存在感が集中しすぎていない?

家庭内の母親の存在感の強さを自覚していますが?

こどもはどんなにあがいてみても、家からは出られない。生活する手段がない、とわかっていて、父親の存在感は皆無。こどもはもやもやしても、誰にもわかってもらえない。

特に思春期は、昔の歌にあるように「壊れかけたラジオ」みたいに周波数が不安定で何を感じても心が落ち着かない時期です。

こどものそんな気持ちも知らず、母親はいつまでも君臨してくる。

君臨する、というか、いつまでも上から目線、というか、高をくくってこられて自分のことをちゃんと見てくれない。

そんなときの「不登校」は、母親に最も大きなインパクトを与えられ、慌てさせ、自分を顧みさせ、家族内の構造を変える「神の一手」になり得ます。

ここで注意したいことは、これらはすべて意識的にやっているのではなく、無意識に行われている、ということです。

つまり、家庭の中の人間関係のリセット、ということです。

こどもがそんなことを考えて意識的に不登校をやっているわけではありません。これは世の中でも良くある話で、「あまりにも力が集中しすぎた場合、それに対抗する勢力が自然に出てくる」現象です。
そして母親にしても「家庭内を支配してやろう」といった意気込みでやってきているのではなく、日本社会の構造上、家庭内で母親に力が集中しやすくなっている、というだけの話です。

家の中で、母親のわたしだけが存在感が大きくなりすぎている・・・?

「不登校」が日本にしか無い現象であることからも、こうした側面は否定できません。母親の権力に唯一対抗できるのが、こどもの「不登校」なのです。

不登校の母親は「良いお母さん」である可能性が高い~その理由は?

日本人は「無意識に」バランスを取る

「不登校」と言う現象が日本にだけ起きていることを考えると、これは説明が付きやすいものです。

家庭の中で母親の存在感が圧倒的になってしまった場合、みんなが母親の顔色を窺うようになってしまいます。

母親が意識して存在感を増しているわけではなく、専業主婦だったり、家にいる時間が圧倒的に長かったり、家族のために尽くしているからこそ、母親の存在感が増すのです。

一昔前なら、「父親」が母親の存在感の膨張を抑える役割ができていましたが、現代の父親は忙しすぎて母親を抑えることができなくなってしまいました。

母親はますます、家族に対して悪意でなく「高をくくる」ようになってしまい、いよいよ家族構造が不安定になったときに、こどもが無意識のうちに「不登校砲」を打ち出してくるのです。

そうすることによって、家庭内のバランスが程よく分散され、母親を権力を振るう(繰り返しますが、それが悪いと言っているのではなく)場面がようやく小さくなり、それぞれが呼吸をしやすくなっていきます。

家族内で、みんなが無意識にバランスを取っている状態、と言えます。

家庭内を良く顧みてください。母親は、家庭を「自分の城」にしていませんか?それは決して悪いことではないのですが、あまりにも「自分の城」化してしまうと、他の構成員が息苦しくなってしまう、ということです。

では自分の存在感を打ち消して、大人しくしておけ、と?

・・・そういう意味ではなく、例えば、夫婦共働き、母子家庭の場合こどもが不登校になりにくいことなどを見ても、母親自身が「家庭はみんなの公共スペース」という認識を持って、私物化しないほうが歪みが起きにくい、ということです。
こどもの「不登校」は、家庭の母親の私物化に対する唯一の対抗手段です。
そんな手段を取らないと家庭内の構造バランスが元に戻らない、というぐらい、母親の存在感が大きくなりすぎている、ということもあるかもしれない、と思ってほしいということです。

リビング占有率から改善してみて

ここからは少し具体的な方法論について述べます。

リビングにいる時間を計算してみてください。

リビングと言うのは、家族が最も居心地がよく過ごせるようにできている場所です。

母親はリビングをいつでも占領し、ずっとそこを自分の居場所にしていませんか?

時間にしてどのくらいそこにいますか?これだけでも、「母親の家庭の私物化」がわかります。

極端に言うと、夜はこどもや父親にリビングを明け渡し、自室に引っ込む

だけで、失ったバランスを取り戻すことができるようになります。

昼間もできるだけリビングを占有しない。

仕事でも趣味でも外に出かけ、リビングを「公共の場」として、自分で占有しないよう管理してみましょう。

騙されたと思って、試しにやってみたら、また結果を教えてください。

こどもが外に向けて動き出す可能性があります。

そんなかんたんに行くものでしょうか?それでもこどもは学校には行かないかも。

「リビングを他の家族に明け渡す」ことで家庭のバランスが取り戻せます。そうすると、「母親の存在感に対抗する」必要が無くなり、こどもが不登校といった極端なことをせずに済むようになるのです。

▼母親は実は、不登校のこどもに対してこれだけやっておけばいいのです。希少で貴重な意見!

まとめ

〇こどもの「不登校」は家族に巨大なインパクトを与える最終手段

〇日本の家庭は母親の存在感が巨大すぎて、それに対抗する手段がこどもの「不登校」しか無くなってしまっている。不登校は家族の力関係をリセットする唯一の方法になってしまっている

〇母親は家庭を私物化しないこと。家庭は家族のものであり、その象徴となるリビングにいる時間を極力減らし、他の家族にリビングを譲るだけでもだいぶ変わってくる。

母親は自分が家族に与えている影響を自覚し、極力存在感を分散させることによって家庭は健全なバランスを保つことができます。

夫婦共働きや母子家庭に不登校問題が比率的に少ないことを見ても、試す価値があるのでぜひ参考にしてください。

 

皆さんに少しでもお役に立つ情報が提供できるよう定期的に更新していきます。

ここに書いている記事は、すべて管理人が確信を持っていることです。もしよかったらご意見ご感想をお寄せください。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

不登校

Posted by admin