子育てを楽しんでこどもを自由にする方法~今が苦しくても

8月 6, 2019

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は、子育てを楽しみこどもを自由にする方法を記事にします。

今こどもが不登校で、思春期の反抗期で、とてもじゃないけど「学び」という感じはしないのですが・・・

自分の子育ては、自分の子供時代を生き直して人生の宿題をやり終える最大のチャンスでもあるのですよ!

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

このサイトに初めて来られた方は、こちらをご覧ください。このサイトで何を伝えたいか要約してあります。

ブログ村から来られた方々へ。下書き段階の未完成記事がPIN送信されている場合がありますのでお気を付けくださいませ。

こちらの記事はここ7日のアクセスランキング一位の人気記事です。

こどもは親の「裏願望」を叶える分身になる

こどもは親が大好きです。

そして不思議なことに、「親が望んで得られなかったものを無意識のうちに探り当て、現実にしようとする」けなげな生きものです。

こう考えることで、

・お子さんはアレだけどお母さんはほんとうにいい人なのにね

・お子さんはあんなにちゃんとしているのにご両親は・・・

という現象にも納得がいきます。

もちろん、両親とお子さんがバランスが似たような親子も見かけますが、それは、両親が「自分の裏願望を意識的に把握して自分で処理している」からです。

こどもがびっくりするような行動に出た

例えば、不登校、社会的規則に反することなどは、親の裏願望をどこかで拾ってしまっている可能性を考えてみましょう。

ものすごく極端な事例ですが、

〇社会的に地位のある人の息子が引きこもりの上事件になる

〇社会的地位のある人がびっくりするような事件を起こす

ということがよくニュースになります。

自分で自分の裏願望を衝動的に実現するならば、自分で責任を取れますが、こどもにその役割を回してしまうとこどもがとても苦労します。

その願望は決して自分の願望ではなく、親が無意識のうちに押し付けてきた裏願望だからです。

忙しい現代の大人には自分の過去をじっくり振り返る時間はなかなか無いかも知れませんが、もしこどもが問題行動に出たら、そこでじっくりと「この行動は自分の抑圧した願望を表現しているのかな?」と振り返ってみてください。

この「裏願望」については、こちらの記事に詳しく載っています。

こどもが不登校でのんびりしているのを見ると、「わたしの子供時代は、まったく休みがないほど習い事とかでおいまくられていたな」と感じました・・・もっと遊びたかったのかな?

逆に、無関心でネグレクト気味の親に育てられた場合、そのこどもが習い事にものすごく熱心だったりしますよ!親の「自分の親が自分がやっていることをもっと応援してほしかった」という裏願望を叶えているのです。

▼この子とは相性が悪いかも、と悩むあなたへ

こどもは自分が通った人生を無意識に補完していく

こどもは親の裏願望を叶えていくのと同時に、自分の通った道をより完ぺきに補完して生きる傾向にあります。

わかりやすく言うと、「親のやり残した宿題をこどもが引き継いでいる状態」になってしまうのです。

高級官僚の親にひきこもりのこどもがいたり、大学教授の親に旅に放浪する息子がいたり、医者の息子がバンドマンになったりすることもあります。

逆に、経済的に苦労した家庭のこどもが大学教授になる、医者になる、といったケースも数限りなくあります。

ここで問題なのが、自分の人生がいわゆる「勝ち組」的な生き方だったと思うとき、こどもがそこから外れていくのを見るのはけっこう辛いということです。

「こどもが自分で選んだのではなく、何か得体の知れない衝動のようなものに動かされていた場合」は特に問題が起きやすくなります。

抑圧されてドロドロになった願望をこどもに押し付けることのないようにしないとなりません。

自分の宿題をこどもに引き継がせないようにしましょう。

そういえば、こどものしていることで気に障ることっていうのは常に、「自分がしたかったけどもできなかったこと」のような気がします。学校を休むにしても、家でずっとゲームしてたりするのも、当時のわたしには考えられないことでした。家の手伝いと習い事でぎっしりスケジュールが詰まっていましたし・・・

となると、「こどもに自分の人生を補完させる」のではなく、自分自身の人生を歩ませるにはどうしたらいいかを考えないといけませんね。

▼じつはこう考えるほうが解決しやすく気持ちもラクになります。

親が自分で自分の人生を「完結」できるようにする

通常、いろんな人生の課題は親からこどもへ、こどもから孫へ引き継がれていきます。

そういう継続性があるからこそ、世の中は少しずつ豊かになり、日本はより自由にお金持ちになって現在があります。

前の世代がやり残したことを子孫が受け継ぐのは、「進歩」するという意味で素晴らしいことです。

一方で、個々の家庭で、本来なら親がやり終えておくべきことを後の世代に背負わせるのは、できるだけ無くすほうがいいです。

人生の課題のマイナス部分をできるだけ減らし、少なくとも±ゼロまで持っていってこどもにバトンタッチするように、親は心がけないとなりません。

日々、こどもを見ていて感じることに丁寧に向き合い、自分の過去を振り返り、消化し続けるという地道な作業を繰り返すことです。

特に、こどもが自分の思うように動いてくれないときや、問題を抱えているときは、「自分の過去の裏願望」を探ったり、消化したりすることで、宿題を減らすチャンス、と捉えてみてください。

このサイトは、この「親の宿題減らし」を奨励して、こどもが自分自身の人生を歩めるようにする、そのことをいろんな角度から述べているサイトです。
どう表現したらより皆さんにちゃんと伝わるか、日々試行錯誤しながら記事を作成しています。

まとめ

〇こどもは親の「抑圧された裏願望」を叶える方向に向きがち

〇こどもは親の「やり残された宿題」を補完させられる役割を押し付けられている可能性がある

〇こどもに自分自身の人生を歩ませるには、親は自覚的にこどもを見て過去の人生を振り返り、感情を自分で消化し続けていく地道な作業が必要

こういう観点からみると、例えば、中学生時代にこどもが「不登校」になるといったサインは、親の人生の宿題を減らすチャンスです。

親が感じるべき感情を自分で消化していないからこどもにその役割が回っているのですから、しっかりと向き合い、受け止め、許し続けていくことで、こどもは必ず変わっていきます。

皆さんに少しでもお役に立つ情報が提供できるよう定期的に更新していきます。

ここに書いている記事は、すべて管理人が確信を持っていることです。もしよかったらご意見ご感想をお寄せください。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

子育て

Posted by admin