子育てをしていて感じる「これ以上頑張れない」と思うときに読む記事

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。 ※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。 ブログ村から来られた方々へ。下書き段階の未完成記事がPIN送信されている場合がありますのでお気を付けくださいませ。 Contents1 親が「愛情と関心を注ぐ」時期は思春期以前まで2 親の評価を欲しがらなくなるのは自立のサイン3 思春期以降は「親の生き方を示し続ける」だけでいい4 まとめ 親が「愛情と関心を注ぐ」時期は思春期以前まで いきなり結論です。 赤ちゃんから思春期以前は、関心と愛情を注ぐ、という最も大切なプロセスがありました。 でも、思春期に入るころにはその「愛情と関心」の容器には自然と蓋が締まってしまいます。 この時期以降は、自分が注いできた愛情と関心を養分にして、その子個人の性格がようやく熟成して発酵する時期です。 その時期には、できる限りそっとして、そのこどもの人格の熟成を待つのが最も良いです。 こども自身も熟成最中で不安定ですし、そこを無理やり蓋を開けられてものを入れられたりかき混ぜられると余計混乱します。 だから思春期になったらこれ以上、「愛情と関心を注ぐ」ことはしなくていいのです。 ▼実は母親ができることは一つしかありません。 親の評価を欲しがらなくなるのは自立のサイン 思春期以前は、こどもは親から褒められるのをとても喜びます。 極端に言えば、親から褒められるために勉強を頑張ったり、認めてもらうために努力だってできてしまいます。 そうすることで親の愛を獲得する意味もありますが、もっとも大きいのは単純に お母さんとお父さんに喜んでもらいたい! からでしょう。 でも、思春期になると、そういうのはほとんど効力を持たなくなります。 それまでは親の称賛だけで満足できていたのに、同級生や学校内の人間関係で承認を得たり、居場所を見つけたりすることのほうがずっとずっと重要になります。 そこで一定数のこどもが躓いてしまうのですが、躓くのも含めて、これは明らかな自立のサインです。 親以外の承認を得ることで社会の中で自分の居場所を見つける、という行為そのものが、生まれ育った巣から飛び立とうとする自立の表れです。 不登校なども、親にどう思われようとかまわないという姿勢ですので、それも「自立」のサインです。 逆に、今まで親の称賛をご褒美にこどもに物事を頑張らせていた場合、その方法が通用しなくなり、戸惑う親も出てくるでしょう。 ▼不登校は最終手段!? 思春期以降は「親の生き方を示し続ける」だけでいい 思春期以降は、親が何かを与えようとするよりも、「自分の生き方を示す」だけでいいんです。 夫婦円満でいよう、とか、仕事に生きがいを持って一生懸命やっている、とか、そういうことを見てこどもは自主的に自分の中に取り入れていきます。 こどもは親の言葉はスルーします。 親が普段から無意識にしていることや生活態度を取り入れていきます。 親は自分の命が尽きるまで、自分の生き方をこどもに示し続けることで、こどもの成長を支えていくのだから、何かを与えようとしたり、こどものために頑張らなくていいんです。 自分の生き方を示し続ける ことはそれ以上に長丁場で、ごまかしが効かなくて、大変なことですが、要するに自分の人生を大切にするだけでいいんです。 それだけでこどもは「自分の人生を大切にする」という最も大切なことを無言のうちに親から学んでくれます。 まとめ ・親が愛情と関心を注ぐのは思春期以前まで ・親の称賛を必要としなくなるのは自立のサイン ・思春期以降は親は自分の生き方を示し続けることしかできないしそれで充分です。   「親業」は一生逃れることできません。 臨終のその時まで、親は親であり続けていき、こどもに自分の人生を示し続けていくのです。 こどもは親の言葉よりも何よりも、普段から示されている親の心を常に取り入れながら生きています。 そこには一切のごまかしも効きません。 こどもには、すべて読み取られています。 だから、ありのままで自分の人生を大切にするだけでいいのです。 にほんブログ村