今までで一番強烈な毒親実例集~モンスターペアレントあるある

2月 21, 2020

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は、今まで出会った一番強烈な「毒親」「モンスターペアレント」を紹介していきます。

親をしていて怖いのは、こどもがかわいいが故にどんな親も「毒親」になったり「モンスターペアレント」になったりする可能性があるということです。

モンスターペアレントはあっと驚くことをいかにも正当な理由があるかのように周囲を巻き込んで仕掛けてきます。
実例を見ていきましょう。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

このサイトに初めて来られた方は、こちらをご覧ください。このサイトで何を伝えたいか要約してあります。

ブログ村から来られた方々へ。下書き段階の未完成記事がPIN送信されている場合がありますのでお気を付けくださいませ。

こちらの記事はここ7日のアクセスランキング一位の人気記事です。

教頭や校長を関係のない保護者の前で怒鳴りつける

このような実例を、管理人のような世間の狭い人間でも複数回見たことがあります。

例えば・・・…

自分のこどものクラスで落ち着きのないこどもがウロウロして(ちなみに一年生)授業が中断される

→こどもの勉強が遅れがちになることに腹を立てる

→担任に改善(ウロウロする生徒を合理的に排除すること)を要求するも受け入れられず

→保護者総会で校長と教頭をボロカスに非難

非難の言葉も辛辣です。

「高いお給料をもらって何をしているんですか!わたしだったら校長先生ぐらいのお給料もらっているなら、24時間こどものことを考えて働きますよ」

「〇〇小学校ではこんな取り組みをしていて、△△小ではこんな素晴らしい取り組みをして、それなのにこの学校ではひとっつもこんなことをしてくれない」

しまいには、

「ここは学校でしょ。動物園じゃないでしょ!」などと言い出します。

しかもこの非難は延々二時間、その人が一方的にしゃべっています。

他の保護者はただの定期役員会のつもりで集まっているのに、そのモンスターペアレントの毒舌疲労でずっと家に帰れず、一方的に叩かれている学校側にいたく同情するのでした・・・

端的に言えば、「自分のこどもの勉強の邪魔になる落ち着きのないこどもは、さっさと排除して快適な環境にしろ!」という意味です。「動物園」というのは自分が気に入らない生徒を動物にたとえている、という謎の上から目線です。

実はわたしもこの種の親に遭遇しました。一学年に一人は、校長教頭を一人で叱りつける姿をその他大勢に見せたがる保護者がいる印象。

実際にクラス参観してみると、問題とされるこどもは普通の一年生で、ちょっと落ち着きはないけども大声で騒いだり、立って歩きまわるようなことも無かったりします。

▼頑張りすぎている親が読む記事はコチラ

学校の先生を勝手に評価して論評

コチラもかなりイタイです。この種のモンスターペアレントは、「あなた何様?」的なことをおっしゃいます。

女子同士の揉め事でクラスの保護者が集められた。

一人の女子がちょっと浮いている。

でもその女子、一年生のころからずっと男子とばかり遊んでいて、女子と敢えて距離を取っているというか、そういう傾向があることは、一年生からずっと同じクラスだったり同じ地域のこどもならわかっている。

少し学年が上になると、急に女子と遊びたくなったらしい。

でも女子には女子のグループがあって、もう今更「男子といるのが好きらしい」その子とは遊べなくなっている年頃。

そんなころ、学級懇談があった。

担任は、ほぼサンドバック状態です。

その女子が男子としか居られなくなっているのは、すべてその担任のせい的な話になっている。

クラス中の(と言ってもしゃべっている保護者は二人か三人で、あとはぽ・かーんと聞いているだけ)保護者の非難が担任に集中する。

そして、なぜか、しゃべっている保護者の一人が、校長・教頭・担任・養護教諭を一人ずつ論評し始める。

校長はいいですよね、あと三年もすればここから出られて。

以前の校長は良かったのに今の校長は40点以下ですね!

養護教諭の先生にみんな頼って、養護教諭はホント100点満点ですね!つぶされないように気をつけてくださいね!

担任は0点!信頼度ゼロです!

こんな親、ものすごーく客観的に言って、

あなたはご自分を何点と思ってらっしゃるの?

文部科学大臣にでも頼まれて、教師を採点しているの?

率直に言って、こどもさんが女子の間で浮いているのは長年の蓄積があることで今日に始まったことではない。

そして、採点している側の親がどれだけ素晴らしい人物で校長や担任の採点をしているのか理解に苦しむ。

とか言ってしまうとその人が怒り狂うのが目に見えているから、保護者はみんな黙っている。

わずか数年一緒にいるだけですぐお別れするから、はっきりいってどーでもいいのです。先生には気の毒だけど。

こういうモンスターペアレントは、「相手が反論してこない」のがわかっていて非常に居丈高な態度で来るんですよね・・・

正直関わり合いになりたくない・・・同級生の親にこんな人がいると、近寄りません。絡まれたら大変だし。

関わらないのが一番です。先生方も一生のお付き合いでは無いのでスルーしておくほうがいいです。まともに向き合うと病んでしまいます。

▼「毒親」シリーズです。こちらは見分けのつきにくい毒親。

我が子が一番でないのは周囲が悪いから

スポーツできるこどもは気に入らない

発言権があるこどもは気に入らない

そのすべては

我が子が一番でないのが許せないから!!

クラスで頭の良いこども、中学受験に合格して難関を突破したこどもの親には家まで押しかけて難癖をつける。

セリフがまた凄い。

うちの子が勉強できないのは、学校が嫌いになったのはお前のせいだ!責任取れ!

これだけのことをねちねちねちねちねちねち言い続ける。

運動ができるこどもも気に入らない。

うちの子がスポ少でレギュラーになれないのはあの子が練習中邪魔してくるせい!ねちねちねちねちねちねちねち言い続ける。

地域の親は、また始まった、的に聞いてあげるとまた調子に乗る。

お勉強ができない、運動ができない、人気が無い、放課後遊びに行くおうちが無いのはただ単に、その子の個性であり、周囲のせいではない。

でもそのモンペは、「こどもが能力を発揮できないのは周囲のせい」「こどもが放課後遊びに行かないのは○○君が意地悪しているから」「こどもが学校行きたがらないのは△△君が友達に悪口を言いふらしているから」などと、

家や学校に怒鳴り込んででも、周囲を動かそうとする。

標的になった家は災難です。

お勉強ができることまで悪く言われる。運動ができることまで悪く言われる。

こどもが学校で面白くないのは、おまえが勉強できるからだ、と言われても困ってしまうだけです。

これが架空の話ならどれだけいいか!ほんとにあった話だけにやりきれない。

これに類似した話はおそらく、日本国中で繰り広げられています。

この種の親は、すぐに「いじめ」という言葉が安易に使ってきます。そうすると、もっと深刻で一刻も早い対処が必要な本当の「いじめ」に合っている子がほんとうにかわいそうです。

その子の個性のことまで周囲のせいにされ「いじめ」と断定されても、教師は対応できませんよね。

まとめ

・校長や教頭を大勢の前で怒鳴りつけて存在感を示すタイプ

・なぜか上から目線で教師や担任、校長を評価してくる地域の一保護者

・自分のこどもがぱっとしない腹いせに、「お勉強できる子」「スポーツできる子」「人気者の子」の親の家まで押しかけて非難

毒親・モンスターペアレントあるあるです。

モンスターペアレントは、これからも類型化していくつもりです。

ほんとやりきれない・・・でも、世の中は広いから、こうした親も一定数います。

対処法としては、危ない!と思ったらできるだけ関わらないのが一番かも知れません。

皆さんに少しでもお役に立つ情報が提供できるよう定期的に更新していきます。

ここに書いている記事は、すべて管理人が確信を持っていることです。もしよかったらご意見ご感想をお寄せください。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

毒親

Posted by admin