親子の気持ち~「なんでブサイクに生んだの?」と責められたら

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を定期的にお送りしています。

今回は、親に思い出してほしい「容姿の悩み」です。特別に優れた芸能人レベルの容姿でない普通の人にとっては、最も苦しいものの一つです。

親のひいき目抜きで、別に特別醜くも無いし、ごく一般的な容姿だと思うのですが、本人は時々ものすごく私を責めてきます。「こんな顔に生んだ親のせいだ」と・・・どう返事をしたらいいものか、悩んでいます。

ところで世の中の芸能人はもともとすごくキレイなのに、ほとんど整形しているというのはご存じでしょうか?
容姿に関しては、世の中の人は等しくコンプレックスを持っていてしかもかなり根深いものの一つです。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

ブログ村から来られた方々へ。下書き段階の未完成記事がPIN送信されている場合がありますのでお気を付けくださいませ。

こちらの記事はここ7日間のアクセスランキング一位の人気記事です。

「なぜブサイクに生んだの!?」と責められるとき

ブサイクかどうか、は相対的なもので、カワ(・∀・)イイ!!人が身近に居る可能性があります。

・クラスのマドンナに人気が集中する

・一番仲が良い同級生が異性に告白された

・周囲の扱いが○○ちゃんと比べて全然違う

など、日常生活と密接に関わりのある事態から、「自分の容姿は人より劣っている」と思い込んでしまっていることが大半です。

実際に、顔の美醜はあります。

それは残酷なほど正直で、人に好感を持たれたり、持たれなかったり、扱いが違ったりするものです。

容姿に優れている人は、いつでも特別扱いです。これは厳然たる事実です。

そこを誤魔化しても仕方がありません。

そして、もう一つ厳然たる事実があります。

容姿に優れていない人、平凡な人、誰からも「キレイ」とか「かわいい」と言われない人は、比率的に全人口の八割を超えます。

つまり、ほとんどの人は「優れた容姿を持たない」のです。

こういうことを親が知っているだけで、こどもは案外開き直って生きていくことができます。

もしこどもに「ブサイクに生んでひどいわ!」的なことを言われたとしたら、「きれいな人のほうが世の中少ないし芸能人でも整形しまくっているよ、なんなら大きくなったら整形する?」とあっけらかんと事実を認めて、整形を進めてみましょう。
「キレイになったら特別扱いされるけど、特別扱いされたいの?」
と聞いてみるのもおすすめです。

確かに、容姿が良い人は特別扱いされますよね、一般の生活でもとっても得をします。
でも、世の中、得をしない人のほうが全体の七割以上ですよね・・・
別に芸能人になったりモデルになるわけではないのだから、特別扱いされる必要はないですよね。

▼容姿の悩みと関連して、ダイエットの悩みを抱えている子供さんを持つ方向けの記事

美醜は結局「子孫を残しやすいかどうか」の基準で決まる

キレイとかブサイクとかは、実はものすごく単純な摂理で決まります。

それはズバリ、

「子孫を残しやすいかどうか」

というものです。

肌が美しい人感染症にかかっていない健康体

髪がつややかな人は栄養が全身に栄養が行き渡っている

スタイルの良い痩せ型の人は生活習慣病にかかっていない

〇顔の美醜は「生殖年齢」や「文化的に好まれる」もので左右される

〇の部分がポイントです。

飢えに苦しむ国々では、太った女性が好まれます。

日本の平安時代では、目が細くて頬がふっくらして、鼻がペッタンコの人が好まれました。

美醜の決定的な基準は、「その時代に要求された基準に合致していて子孫を残しやすいかどうか」で決まります。

日本は歴史の長い国で、いろんなところから移動してきた民族の混血児によって人が増えてきました。

実は、現代では「びっくりするようなブサイク」というのはすでに淘汰されていて、優良な遺伝子のみが受け継がれています。

客観的に見て、日本人のこどもで極端なブサイクは見かけなくなっています。

自分のことを「ブサイク」と言って嘆く人は実はごく普通の容姿であって、「全体の一割以上の美人になって特別扱いされたい」と無茶な願望を持っていることに過ぎません。

普通で平凡で特別扱いされなくても結婚できますし、こどもも残せます。

もしこどもが「ブサイクに生んで悲しい」と言ったなら、

「あなたが自分をブサイクて言うなら、きっと親のわたしもブサイクだわね。

でもお母さんはちゃんと結婚できてこどもも生めているから、生き物としては優良な遺伝子だったということよ。

結婚してこどもを生めば美人かどうかなんて全然気にならなくなるから、大丈夫よ」

など実体験を話してあげてください。

そりゃあ、ものすごい美人ではなかったけど、普通に結婚できてこどもも生まれているわけだから、その時点で「優良な遺伝子」だったわけですよね。
確かにこどもを生んだときから、容姿のことはほとんど気にならなくなりました。昔はわたしもコンプレックスがありましたが。

実は、今はテレビや動画で容姿に優れた人をバンバン見かけるので、みんな見る目が肥えてしまっているだけです。本当の美人なんて全体の2%ぐらいで、あとは化粧したり整形したりして誤魔化しているだけです。
極端なブサイクな人も見かけなくなりました。
テレビに映るような人を基準に美醜を考えても全く的外れです。そもそもテレビに映っている人で整形していない人はほぼいないでしょう。

▼あらゆるコンプレックスは潜在意識からやってくる

容姿には結局自分で折り合いをつけるしかない

自分のことを固く「ブサイク」と決めている人間に対して、「あなたはブサイクではないよ」と説得するのは、結局徒労に終わってしまいます。

美醜は相対的なものであり、自分が誰かと比べて自分がブサイクだ、と決めてしまっている場合、「そうだね、ブサイクなのかなあ~そうは思わないけど」と言うしかありません。

それと同じで、自分はブサイクだと思っていても誰かにとっては魅力的であることは良くあることです。

女性から見てすごい美人、かわいい、と思う女性が、男性から見て

「はあー?どこが美人?全然好みではない」

ということもよくあります。

顔のつくりは「好み」に左右されますし、女性は顔以外に、体の特定部分の大きさとか、腰と下半身の比率とかが重要なポイントになってきます。

自分ではブサイクと思っていても異性から見たら噂になるぐらい魅力的である場合もよくある話です。

逆に、客観的にかなりブサイクであっても、自分では自信満々に「美人だ」と思っている人もいるので、そうなると、「要するに、自分の容姿に自信があるかどうか」という問題だけになります。

人類の長い歴史の中で、現代は子孫を残せる者のみが生存し、極端なブサイクが淘汰され本当の酷いブサイクは消滅しています。

今いる人はみんな何かしら魅力的なところがあって生まれてきているので、あとは、自分の容姿に折り合いをつけ、「こんなもんだ」と思いながら生きていくしかありません。

※ちなみに、世の中の全員がほぼ整形していてみんな美形になったさる整形大国では、見かけの美醜が意味を為さなくなっていて、日本の天然美女に対する憧憬が強いようです。

整形はいつでもできますし、どんな美男美女にもなれます。

(ユーチューバーや芸能人でものすごい整形をしている男性がいます。

本人は絶世の美男美女になっているつもりでしょうが、すでに人間の顔には見えなくなっています)

結局、天然の生まれたまんまの素材を生かしていきていくほうが、最終的にもっとも魅力的になっていくようです。

▼こどもを自分のコンプレックス解消の道具にしていませんか?

コンプレックスというのは客観的に見てどんなに優れた人でも必ず一つや二つ持っているものです。外見コンプレックスは、整形でもして完ぺきな容姿にしない限り解消されませんし、整形すればするほど他のところが気になってきてまた整形を繰り返すようになってしまいます。

ブサイクなことがコンプレックス、というのは、人類ほぼみんな持っているコンプレックスと言ってもいいですかね?芸能人みたいな優れた容姿の人でさえ自分の気に入らない部分を整形しているのですから。

気にしたらキリがない、ということです。大人の人は学生時代のアルバムを見てみてください。その中で一体何人、本当の意味で「キレイ」と呼べる人がいるでしょうか?学年の何百人の中で、一人か二人本当にきれいな子が居て、あとはブサイクでもないしキレイでもない普通の子だけです。

学生当時は、あの子本当にきれいだな羨ましいと思っていたけど、いざアルバムを見たら、どの子も正直たいしてかわりませんね・・・そりゃ、芸能人並みの容姿なこどもが世の中にそうそう居るはずがないし。

整形手術すれば、芸能人並みの容姿には誰でもなれます。でも日本人はそれをしない。そして、日本人の容姿は男女ともに、海外から結構好感を持って受け止められているのが、ネットを見るとわかります。自然のままで十分なのです。
自分のことをブサイクだと思うのは勝手ですが、それを親まで一緒に肯定することも否定することもありません。そういう時期なんだ、と見守りましょう。

▼コンプレックスはスクールカーストからくるものもある

まとめ

・ブサイクに生んだの?と言われても、実際は誰が見ても本当にキレイな人は全体の1%に過ぎず、極端なブサイクはもう淘汰されていなくなっています。つまり、世の中のほとんどは、「普通の容姿」です。

・人間の美醜は、「子孫を残すのに適した容姿」が好まれます。その上に文化的な生存競争に有利な条件と個人の好みが加えられ、結局、「自分の容姿に自信が持てるかどうか」だけが美醜の基準です。

・自分の容姿に折り合いをつけて、「結局は自然が一番」と思えるようになるまで成熟していくのを待つしかありません。こどもができたら自分の容姿のことはさほど気にならなくなります。

ブサイクだろうが美人だろうが、それなりの魅力があり、それなりの幸せがあります。

現代の日本は豊かで栄養が行き届いているので、「絶世の美女になって特別扱いされたい」というようなことを望まない限り、自分の人生には全く支障が無い容姿をみんな持っていますので、安心してください。

こどもにブサイクに生んで!と責められても、温かく見守るだけでいいです。

 

皆さんに少しでもお役に立つ情報が提供できるよう定期的に更新していきます。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す