不登校解決のヒント②解決方法は最も近いところにある

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を定期的にお送りしています。

今回は、不登校になったお子さん、あるいは不登校でなくとも、子育てをしていて悩むことが多い人にも読んで欲しい記事です。
少し遠回りのようですが、意外と気づかないことを提示したいと思います。

こどもが学校に行かなくなってから、親子共々長いトンネルに入った気持ちです。ここから抜け出るにはどうしたらいいものか、いろいろ相談に乗ってはもらっているのですが、まったく先が見えません。

こどもの不登校で陥りがちな親子の迷い道をできるだけ深堀して、親子共々楽になれる方法を考えていきたいと思います。

▼このサイトの根本的な考え方はここに由来します!

ホ・オポノポノ公式サイト

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校解決のヒント②解決方法は最も近いところにある

不登校のこどもにとっては「学校にいかないこと」が普通で正常な状態です

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を定期的にお送りしています。

今回は、不登校に限らず、「自分はおかしいのではないか」という疑問を持っているこどもや、我が子はおかしいのではないかと思っている親に向けての記事です。
不登校のこどもは「自分はおかしい、普通ではない」と思っている可能性が高いので、それが果たして真実かどうか検証してみたいと思います。

こどもが部屋にこもって学校に行かなくなってから、我が子になにか異常事態が起きている、と危機感を持ってしまうのは当然のような気がします。

ところで世の中の誰が「普通でない・変だ」という判断をするのでしょうか?
世の中に良くある意見を記事にしても仕方がないので、少し違う角度から点検したいと思います。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校のこどもにとっては「学校にいかないこと」が普通で正常な状態です

不登校児が一番辛いことは親に「異常だ」と思われることです

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を定期的にお送りしています。

今回は、不登校や行き渋りのこどもが、一番悲しいことについての記事です。それは、親が「この子は異常だ」と思うこと、です。

こどもが学校に行かなくて、家で一日中ゲームをしているのを見たら、「これは大変な事態だ、何とかしなければ」と思うのが当たり前だと思いますが・・・

親の「常識」から見たら、異常事態と思えるかも知れません。こどもが何かおかしいのではないか、とか、どこか病んでいるのではないか、とかいろいろ考えてしまうのもわかります。
でも、ほかならぬ自分の親が、「この子は異常だ」と感じていると、こどもは悲しみのどん底に突き落とされてしまいます。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校児が一番辛いことは親に「異常だ」と思われることです

不登校児のプレッシャーを除く方法を知りたい人へ

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を定期的にお送りしています。

今回は、こどもの「どうしても学校に行けない」といったようなプレッシャーはどこから来るのか、またどうやったらそれを取り除けるのかを紹介します。

こどもは「学校に行けない」プレッシャーがあるかもしれませんが、親は「こどもが学校に行ってくれない」プレッシャーで夜も眠れません。

「学校」「勉強」という表層的なものだけ考えず、もっと深い部分まで探るとこどもの苦しさが少し理解できるかも知れません。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校児のプレッシャーを除く方法を知りたい人へ

こどもの不登校で求めるのは「問題解決」?それとも「共感」?

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を定期的にお送りしています。

今回は、不登校について考えるにおいてものすごく大切なことなのに、見過ごされ嵌ってしまうある種の「罠」についてお伝えします。

こどもが不登校になって、ネットでの情報収集が生活に食い込んできてしまいました。そのネットにもたくさん情報があり、ネットを見て気分が上がったり下がったり、こうしようと思ったり、カウンセリングを受けてやっぱりああしようと思ったり、気持ちだけがいつも先走りしている状態です。

この種の「罠」に気づいて抜け出していくことが、本当に直接的に「不登校という現実そのもの」から脱出する可能性があります。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む こどもの不登校で求めるのは「問題解決」?それとも「共感」?

不登校に理由は無い~「どう変わっていくか」のほうが大切です

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を定期的にお送りしています。

今回は、こどもが不登校になってしまって「どうしてこうなったんだろう」「何が原因だろう」と迷路にはまってしまったかたがた向けの記事です。

こどもが不登校になって、「どうすれば学校に行ってもらえるのか」「どうしてこうなったのか」ということを考えて、正直かなり参っています・・・

実は、「どうして不登校になってしまったのか」という理由を考えたり追求することにあまり意味はありません。社会の中で偶然「不登校になる役割」を当てはめられただけの可能性が大いにあるからです。それは病気になったり事故に遭ったりするのと同じですから。

理由を追求するよりも、「不登校になってこどもがどう変化するか」のほうがずっと大事です。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校に理由は無い~「どう変わっていくか」のほうが大切です

不登校になる原因の「奪われる感覚」と「うんざり感」を知る記事

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校についての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は「不登校のこどもは何が不安なのか」を知り、解決法を探る記事です。

小学生のころはとても快活で優等生なこどもでした。でも今は、いつも不安そうな顔をしています。何が不安で学校に行けないのか、どうしたらその不安を取り除いてあげられるのか知りたいです!

不安というのは「影」に似ています。実態が無いのでどうってことないのですが、実態が無い分、虚像が大きく膨れ上がってしまうのです。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校になる原因の「奪われる感覚」と「うんざり感」を知る記事

こどもが担任と合わなくて不登校になりかけている親が読む記事

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校についての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は、学校の担任を嫌がって不登校になるかも知れない親が読む記事です。

こどもを交えて三者懇談をした時のことです。こどもの否定的なところばかりを見られてしまい、こどもが落ち込んでいました。それから少しずつ、学校に行き渋りが始まってしまいました。

これは本当によくある話でなおかつなかなか難しい問題です。学校生活を10何年過ごしていると、絶対に一度や二度は相性の合わない担任に当たる可能性があります。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む こどもが担任と合わなくて不登校になりかけている親が読む記事

不登校関連で言う「エネルギー」とは何か気になる親が読む記事

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校についての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は、育児や不登校関連で「心のエネルギーが溜まっている」「溜まっていない」「エネルギー不足」というような言葉を聞いて気になっている人向けの記事です。

「エネルギー不足」と言われたり、「エネルギーが溜まるのを待つ」という指摘がありますが、そもそも「エネルギー」て何でしょう?このサイトでも時々「エネルギー」という言葉が出てきますし・・・

一度「エネルギー」の意味を考え、こどものエネルギー状態を自分でも確かめられるようにしてみましょう。そうすれば、「一定量のエネルギーを調整して使う」こともわかってきます。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校関連で言う「エネルギー」とは何か気になる親が読む記事

不登校で求められる「覚悟」と「結果」を知りたいととき読む記事

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校についての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は、子育ての中でも最大級の不登校のさい求められる「覚悟」とそれを乗り越えたのちの「結果」のことを記事にします。

こどもが不登校になって、このままで本当にいいのかどうか辛い日々です。トンネルの中に入っている気持ちです。

この「腹を括る気持ち」というのは、最終的に親も楽になりこどもも楽になる、最善の方法です。乗り越えた暁には素晴らしいご褒美が待っています。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校で求められる「覚悟」と「結果」を知りたいととき読む記事