「親ブランド」に頼っていませんか?~権威的にふるまう毒親

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校や子育てについての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は、「親ブランド」に寄りかかってこどもを支配したり社会に甘えてくる毒親についてです。

「親ブランド」?聞きなれない言葉ですが・・・

親は、親であるというだけでこどもを全面的に支配コントロールできる時期があります。社会や学校も「幼い子供の親」というだけで親に対して丁寧に接してくれます。
そこを勘違いして、周囲に対して権威的になってしまう親がいるのです。まるでブランドに寄りかかるようにして。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 「親ブランド」に頼っていませんか?~権威的にふるまう毒親

「不登校は母親の責任」と言われ反発を感じた時に読む記事

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校についての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は「不登校は母親の責任」と世間が言っていて、なんだかモヤモヤするときに読む記事です。

息子の不登校はわたしの責任と思うと、もうどうしたらいいかわからなくて・・・でもやはり、わたしの育て方が悪かったのかな、と自分を責めてしまいます。モヤモヤする一方で、「母親ばかりに責任を押し付けないで!」と反発も感じています。

落ち込むときはとことん落ち込むことも大切です。
誰でも落ち込みますよ、辛いことたくさんありますし、母親のかたがたはホントに大変だと思います。みんなして母親を頼っているので・・・

世の中の悪いことは全部母親が悪いと思われている感じがして時々腹も立ちます。

「不登校は母親の責任」とする世間の見方がどこから来るのか、世間がどうして母親の責任にするのかを知れば、落ち込み具合は少し変わってくるかも知れません。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 「不登校は母親の責任」と言われ反発を感じた時に読む記事