そもそも学校って何?②不登校児の親は学校や勉強についてどう思ってる?

こんにちは!「不登校のこどもを持つ親のための塾」の見守り隊、ごまちゃんです。

父親代表のひろしです。よろしくお願いします。

早速本題に入りますが、お子さんが不登校になって、父親としてはどうしても学校に行ってもらいたいですか?

それはそうです。甘えているようにしか見えないし、こんなことでは社会に出てやっていけるかどうか心配ですから。

ではお父さんは、学校を「社会に出る訓練」として捉えていらっしゃるんですね。

そうです。時間通りに動いたり、人と協力したり。学校って社会の縮図じゃないですか。

父親の方々はそういう捉え方をしていらっしゃる方が多いようです。でも、そういうアプローチでこどもを説得してもこどもが再登校することは難しいかも知れません。おそらくお父さんは「社会に出ること」を「忍耐」と捉えているからです。

社会に出るのは忍耐が必要ではないんですか?

忍耐だけでしたら、昔みたいに家でずっと農作業をさせたり、幼いころから丁稚奉公をさせたほうが実社会で役立ちます。でもそれは、学校とは大きな違いがあります。今日はその辺りをお伝えします。

続きを読む そもそも学校って何?②不登校児の親は学校や勉強についてどう思ってる?

そもそも学校って何?②不登校の子供がもし「あなたには勉強は必要ありません」と言われたら

こんにちは!「不登校のこどもを持つ親のための塾」の見守り隊、ごまちゃんです。

母親代表のりゅうかです。よろしくお願いします。

早速本題に入りますが、学校に行って勉強して何になるの・という問いがありますが、何になるんでしょう?

その質問はなんとなく、「学校なんて行ったって大して役には立たない」的に聞こえますね・・・

これはごく一部の人の意見かも知れませんが、「学校なんて無駄、行かなくても立派な社会人になれる」という意見があり、そのような考え方を「革命的」と称する人もいるようです。

そもそも学校って行って役に立つんでしょうか?どうして学校に行くことが推奨されるんでしょうか?

実はずっと昔から「学校なんて行かなくてもいい」ていう考えが主流だったのですよ。逆に「学校なんて行かなくていいよ」と言われる意味を考えてみましょう。

続きを読む そもそも学校って何?②不登校の子供がもし「あなたには勉強は必要ありません」と言われたら