不登校のこどもへ「お手紙」受け取るのが苦痛な場合どうしたらいい?

こんにちは!親塾へようこそ。ここでは、不登校についての知識を増やし、「なるほどなあ」と思ってもらえる情報を(ほぼ)毎日お送りしています。

今回は「不登校のこどもがお手紙を受け取るのが苦痛」という題材です。

不登校児代表・つむぎです。ひと月に一度もらう寄せ書きやお手紙の束なんですが、実は読んでいません。読むのが辛いので・・・

どうして辛いのですか?

申し訳ないのと、そもそも「わたしなんか学校に全然行っていないのに、仲良しもいないのに、無理やり手紙を書かされたんだろうな」と思うと、いたたまれなくて・・・

つむぎさんのように思っているこどもも多いかも知れませんね。

母親代表りゅうかです。ときどき届けられる手紙を見ましたが、「一緒に遊ぼう」「なんで学校に来ないの?」とか、こどもが学校に行ってないのを責められているように感じてしまいます。

本日はその辺りのことを深く掘り下げて考えてみましょう。

※このサイトではグーグル広告のポリシーにあるように、自閉症スペクトラムや発達障害などのメンタルヘルス的なことは扱いません。すべて一般論として記事を作成しています。

※反発を感じられたり、怒りを感じられる人もいると思います。そんな場合は、「そんな話もあるんだろうか」ぐらいに受け止めてください。

続きを読む 不登校のこどもへ「お手紙」受け取るのが苦痛な場合どうしたらいい?